和門なかむら 東大阪の着物屋さん

Mail : info@wamon-nakamura.com
2019年01月25日(金曜)
帯留め 真鍮(しんちゅう)製 税別15,000円
色:ステンレス色(親猫のお尻のみ白くなってますが、これは撮影時の光の影響で実際は他と変わりありません) 
横 幅:親猫のお尻から子猫のお尻まで(しっぽ省く)が約3.3センチ

帯留め 真鍮(しんちゅう)製 税別9,800円
色:いぶした銀色  
横 幅:一番左にある右耳からお尻までが約3.6センチ

帯留め 真鍮(しんちゅう)製 税別9,800円
色:いぶした金色  
横 幅:一番左にある右耳からお尻までが約3.6センチ

その他の帯留はこちら⇒https://item.rakuten.co.jp/wamon-nakamura/c/0000000155/

博多織の伊達締め どちらも税別2,980円


三分ひも
色は(左から)ブルー(税別3,800円)  赤と黒の市松(税別3,800円) 黒に銀ギザギザ(税別10,000円) 濃い灰色(税別5,000円/ほんの少し銀色糸混) 若干くすんだ白系(税別6,000円/ほんの少し金色糸混)


<上の品>合わせやすい帯締め(結構白っぽいグレー/税別10,000円) 
<下の品>ゆかた用玉付き飾りひも(ショッキングイエロー/税別2,800円)


国産 正絹帯締め。渋木加工染なので発色がキレイ!(税別6,000円)
色は(左から) 薄めの灰色 青色 えんじ色っぽい赤紫色


合わせ止(税別600円)




2019年01月06日(日曜)



2018年08月25日(土曜)



2018年08月04日(土曜)



2018年05月20日(日曜)



2018年05月12日(土曜)



2018年05月11日(金曜)



2018年04月28日(土曜)



2018年04月10日(火曜)
◆きもの文化講演会(伊勢型小紋を語る会)開催のお知らせ
と き: 4月13日(金)・14日(土)・15日(日)の3日間 

この度は創業大正八年 染処・古今(ここん)の染め師でありながら、和の語り部でもある安江敏弘氏をお招きし、伊勢型小紋の魅力について大いに語っていただきます。安江氏は15歳からこの道一筋、今では希少となった手染め小紋工房の社長様です。

昭和三十年に 初代人間国宝 として伊勢型紙に関わる職人から6名の人間国宝が誕生しておりますが、社長様の会社は 中村勇二郎氏・南部芳松氏・六谷梅軒氏 の人間国宝に仕事を依頼していました。今回はこちらのお三方、とりわけ 中村勇二郎氏 が人間国宝に認定される経緯について語っていただきます。
※講演中に人間国宝が彫刻した貴重な型紙もご覧いただきます。

講演は約1時間の予定。金曜日は午後2時30分の部のみ。土曜日と日曜日は午前10時30分の部と午後2時30分の部。計5回実施しますので、興味のある方はお申し込みください。
※会場の周囲に見本を展示しております。もし気に入った品があれば個別にお染(購入)することも可能です。

◎ 4月13日(金曜)⇒午後2時30分の部のみ(1日1回)
◎ 4月14日(土曜)⇒午前10時30分の部と午後2時30分の部(1日2回)
◎ 4月15日(日曜)⇒午前10時30分の部と午後2時30分の部(1日2回)

<講演を最後まで聴いていただいた方への特典>
染処・古今が丹精込めて染め上げた『伊勢型小紋帯揚げ(染め分け)』を 特別価格(税込19,440円⇒税込5,400円)で販売致します。染め分けてあるので1枚で2通り使える優れもの。当日会場に40枚ほどありますのでご自身で1枚お選びください。
※但し一家族様1枚となっております。その点ご了承ください。
※この帯揚げは東京銀座の有名な呉服屋さんが実際に税込19,440円で販売してる品でございます。









2017年11月04日(土曜)